FC2ブログ

仮想通貨とDYOR (Do your own research) - アーリーリタイア/セミリタイアのための資産構築 投資珍道中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

仮想通貨とDYOR (Do your own research)

今年に入り仮想通貨界隈でDYORという言葉をよく耳にします。

これは自分自身で調べましょうという意味の英語表現の頭文字を並べたものです。

仮想通貨の昨年流行語は「ガチホ」、今年が「DYOR」ではないの?って思ってます^^

特に今年は年明けの大暴落相場が起こってから、このDYORを頻繁に目にするようになりましたよね。

ここ最近、DYORという言葉を目にすると
「俺は価格が下がっても責任取らないから、お前が自分で調べろやっ」て読み取れるのは、私がへそ曲がりだからでしょうか。。。



もちろんDYORは基本といえば基本。至極当然。何を今更って気がしないでもないですよね。

ただし、何でも調べれば良いというものでもないです。


DYORという言葉の受け止め方は人それぞれですが、
今回は仮想通貨(暗号通貨)において私が行っているDYORの観点について書いてみます。



結局のところ皆が関心がある事は「どのコイン銘柄が将来有望なのか、値上がりしそうなのか」、「どのICOが良いのか」
と言ったところではないでしょうか。


仮に目的が「値上がり益を享受する」ならば何を調査しますか。

もしも、あなたが仮想通貨を買って保有しているならば、どのような観点でそのコインを買っているのですか。

例えばLSKという有名なコインがあります。

持っている人も多いでしょう。

どうして、あなたはLSKが値上がりすると思ったのですか?

友人に勧められたから?

有名人が買っていたから?

Twitterで見たから?

DYORしましたか?


では、私が行ったLSKに対するDYORを書いてみます。

「LISK (LSK)はスマートコントラクトを実装しているプラットフォームとして有望視されており、プロジェクト開発陣も優秀。また、スケーラビリティへの耐性も高く、マーケット力もあり、今後も様々なイベントがあるので値上がりが期待できる!」


どうですか?LSKについてご存知でしたか?


こんな事を書いてはいますが実は私はLSKの特徴なんて今日まで全く知りませんでした。

上記の回答を作るのにネットで調べました^^

LSKに対してDYORなんてした事ありません。正確には仮想通貨の個別銘柄についてDYORなんてほぼしません。



私は仮想通貨のシグナル配信を行っています。

そしてメンバーさんからたまに言われる事があります。

「けんたさんは、アルトコインの内容については詳しくないですよねー」


これ正解です^^
間違いなく個々のアルトコインについては会員さん達の方が詳しいですよ!

よく勉強されている方が多いです。

ライトニングネットワーク?TMネットワークなら知ってるよ!(古)



こんな事を書くと私が出すシグナルって大丈夫なの?って誤解されると困るので書いておきますが、
大丈夫なんですよ。私の出すシグナルは上がります。

仮に地合いが悪く、一時下がってもホールドしていれば最後には上がります。
もちろん100%ではありませんが。。。


では、どうしてLSKの特徴も知らない、LSKのDYORをした事も無い人間のシグナルで利益が出るのか分かりますか?


そのコインが上がるか下がるかのDYORをしているからです。

はっきり言ってLSK自体がどんなコインなのかは私にとってはどうでもよいです。値上がりするか否かが重要。

そして、その価格が上昇する理由は、

「LISK (LSK)はスマートコントラクトを実装しているプラットフォームとして有望視されており、プロジェクト開発陣も優秀。また、スケーラビリティへの耐性も高く、マーケット力もあり、今後も様々なイベントがあるので値上がりが期待できる!」

では無いのです。

一部は関係していますけどね。



そのコイン価格が上昇するには、上昇すべき状況があり、タイミングがあり、条件があり、材料があり、根拠があります。

短期利確が良いのか、長期利確が良いのか。

どうして上がるのか。どうして下がるのか。

そこに対してのみDYORを行うのです。

だからコインは何でも構いません。価格が上がる条件があるならば買えばよく、適度に上がったら売れば良いのです。


私はブロックチェーンのエンジニアでは無いので仮想通貨自体に彼らほどの強い想いはありません。

利益が出るのか出ないのかの観点でしか見ませんし、調べません。

稼ぎやすいうちに稼いでおく。

どんなに機能が優れた仮想通貨であれ、中身が何もない詐欺コインであれ、価格が上がり利益が取れるならそれで良いです。



それでは、実際に私が行っているDYORの一例をご紹介します。


仮想通貨トレードにおいて良質な情報は必要不可欠です。

良い情報源を沢山手元に揃えておいて損はありません。

私の場合、その情報源に対してDYORを行い、自分なりに調べ上げます。

数字の裏を取り、過去の実績を検証し、レポートがあるならば読み込みコンセプトに辻褄が合うのか考えます。


前回のブログ記事【仮想通貨市場は今後10倍になる】の中で少しだけ触れたレポートもその1つです。

このレポートは、購入すると50万円程かかります。決して安くはないですよね。


でも、このレポートを発行している企業は、仮想通貨トレードで非常に高い実績を出している企業です。

先程のLSKですが今年1月に手持ちの半分を利確するという内容のレポートでした。

そして利益率が1600%を超えています。

16倍ですよ。1つのコインのトレードで。。。

50万円のレポート代金。

実は安い買い物です。

これも実際にこの企業や企業の代表、そのバックグランドなどを調べ、信頼できるという判断があっての事です。

このような情報源を1つ見つけてしまうと、次からその企業から出てくるコイン情報を元にトレードするだけです。

1つ1つのコインについては、既に彼らプロ集団が自分で調べるよりも遥かに深く調べ、分析して結論を出しているのです。

効率的ですよね。

こちらの企業はあくまでも中長期向け視点での銘柄がメインですが、自分でシグナルを配信する上でも非常に参考になります。



あまり長くなっても記事の内容が散らかってしまいますので話を戻しましょう。


DYORをするのは基本です。本当に今更という話です。


でも、DYORするにも何をもって調べるのか。何が目的で調べるのか。
闇雲にリサーチして、本来の目的を見失っていないか、遠回りになっていないか。自己満足で終わっていないか。


DYORという言葉に振り回されずに本質を考えて行動すると良いですね^^


仮想通貨のテクニカルな内容やブロックチェーン技術の内容は、私にとってさほど重要な知識ではありません。
リップル(XRP)が目指す将来なんて知りたくありません。
QTUMのコンセプトがなんちゃらなんて聞いても理解できません。
ADA?ABBAの親戚ですか?
TRUSTとTRST?間違いやすいんですが。
STARTとSTRAT、これも間違いやすいんですが。
VIAとVIB、一文字違いか!でも、よく上がるから好きです。
WABI?SABIってのもあるの?
TRF?ボーイミーツガールですか?



まー近い将来までにはライトニングネットワークとTMネットワークの区別くらいはつくようにしておきます。。。




==============================================

実績500%越えの仮想通貨シグナル配信を始めました。お試しください!
仮想通貨シグナル:ORCA Signal


以下の記事は人気の高い『お勧め記事』です。
是非ご一読ください。

【あり得ない】会員制資産構築クラブの立上げ

USI TECHというビットコイン投資案件の続報。やっぱり胡散臭いです



==============================================


ブログでは書けないお得情報もメルマガで配信します。
メルマガ登録


ビットコインのマイニング投資に興味のある方。私はビットクラブで投資しています。
詳細はこちらから。


==============================================
関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント
非公開コメント

トラックバック

https://kenta9.blog.fc2.com/tb.php/322-fd984b71

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。