FC2ブログ

銀の価格が2020年には6倍近くまで高騰する - アーリーリタイア/セミリタイアのための資産構築 投資珍道中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

銀の価格が2020年には6倍近くまで高騰する

ビットコインが最高値を更新する中、金(ゴールド)や銀の価格が近い将来に高騰するという意見や分析記事が目立つようになってきました。

先ごろ読んだ記事では1オンス17ドル前後で現在推移している銀の価格が27カ月以内に1オンス100ドルを超えるという内容です。

そして、このようなアグレッシブな価格予測は実は今回読んだ記事だけではなく複数の著名投資家やミリオネアも口をそろえて同じような事を言うのです。

金にしても銀にしても以前から購入し、今も買い増ししていますが、それは安全資産という意味合いも含めての事です。

個人投資家だけではなく資産分散は全員が考えておく必要があります。

日本円やドルなどは幻想の価値で塗り固められているにすぎません。
それらの資産を別の現物資産へ置き換えておくという意味では貴金属はお薦めです。

中でも銀は安価です。誰でも現物を購入できます。

今回は私が読んだ記事を元にどうして銀の価格がそれほどまでに高騰する可能性を秘めているのかについて書きます。

金も銀も貨幣的な金属であると同時に工業用材料という側面を持ちます。

そして近年、銀の需要は工業用途としても大幅に伸びています。実際に銀の需要は10年連続で供給量を上回っているのです。

工業需要として銀供給の55%を占め、残り45%が銀貨や銀のインゴットを含め投資目的や宝飾品等に用いられます。

10年連続で需要が供給を超えているのに銀の価格推移はさほど伸びていません。

その理由は現在の需要は本当に必要となっている実需要ではなく、見せかけの需要だからです。

実需ではないから、まだ困っていないのです。

なぜなら貨幣需要の多くがETFや取引所などで取引される需要では無く単なる保管用だからです。

多くの国の政府が金や銀を備蓄しています。

中でも中国による保有量は膨大で、その量は15億オンスとも言われており、1年間の全世界の銀の供給量が10億オンスであることからも、その膨大さが知れます。

そして、この15億オンスという量は全地上にある銀在庫の約60%です。

ですが考えて下さい。

工業用の需要は増える一方です。例えば銀は日本でも流行りの太陽光発電には欠かせません。

Pan American SilverのチェアマンであるRoss Beatyによれば2017年には太陽電池への用途として銀は1億オンス必要であると言っています。
これは銀全体の需要の10%を占めます。

近い将来には太陽光発電の用途だけでも銀不足に陥る可能性があります。

銀はITの世界にも不可欠な材料です。そしてITは今後も全世界で増加の一途でしょう。
AI、暗号通貨のブロックチェーン、IoTなどIT業界はどんどんと進みます。
それらの中では全て電子基板が必要であり、銀が使われているのです。

そのような需要を生み出す牽引役になっているのも、これまた中国です。

中国のIT業界の伸びは中国全体の経済成長率の2倍です。


今後は真の需要、実需が大幅に伸び、いくら中国が大量の銀を保有しており、工業用途として転用しても追いつかなくなります。

その頃には銀の価格が1オンス100ドルでも合わないかも知れません。


という訳でこの記事を書いている私自身が更に銀の買い増しを進めようと決意する今日この頃でした。

==============================================

以下の記事は人気の高い『お勧め記事』です。
是非ご一読ください。

不労所得型仮想通貨取引所と追加特典『暗号通貨トレード攻略ポイント』

【あり得ない】会員制資産構築クラブの立上げ

USI TECHというビットコイン投資案件の続報。やっぱり胡散臭いです



==============================================


ブログでは書けないお得情報もメルマガで配信します。
メルマガ登録


ビットコインのマイニング投資に興味のある方。私はビットクラブで投資しています。
詳細はこちらから。


==============================================

関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント
非公開コメント

トラックバック

https://kenta9.blog.fc2.com/tb.php/302-a6df1993

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。