FC2ブログ

ブックメーカーで勝てない人に共通する5つの項目 - アーリーリタイア/セミリタイアのための資産構築 投資珍道中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

ブックメーカーで勝てない人に共通する5つの項目

今日は、久々のブックメーカー記事です。


今回はブックメーカーで勝てない人に共通する5つの項目をご紹介します。

ブックメーカーをやっていると1つ1つの試合結果に一喜一憂し、前のめりに熱中してしまう傾向があります。
特にこれはブックメーカーで勝てない人によく見られる傾向です。
それはブックメーカー自体がどうしてもギャンブルとしての特性が強く投資として見れなくなるからです。

ブックメーカーをあくまで投資として捉え、実践していくのならば良い結果も悪い結果も冷静に受け止めて次へと備えるという気構えが必要になります。

試合結果に一喜一憂するようでは単なるギャンブルです。投資であるからには中長期的に考え、最終的に1年を通して利益が残せていれば良いのです。


1.資金管理能力の不足
ブックメーカーで勝てない人の多くが資金管理を怠っています。初めに決めた軍資金を定められたシーズン期間を通じて適切に管理しなくてはいけません。

自分の手法があるようであればそれに従った額をベットし、そうでないならば一回のベット額は軍資金総額の1%から5%とします。

過ちを起こしやすいケースは連勝中もしくは連敗中です。連勝していると自分の分析や予想に誤りがないと錯覚を起こし気が大きくなります。そしてベット額をルールに従わずに吊り上げてしまうのです。

また連敗が続くと早く損失を補填したいという衝動に駆られ、一度のベット額を大きくしてしまうのです。連敗が続き冷静さを欠くと良い判断ができなくなります。このようなスタイルでは長続きしません。途中で軍資金が尽きて撤退を余儀なくされます。

これらはブックメーカーで勝てない人の共通パターンです。

資金管理の重要性はブックメーカーに限ったことでは無く、あらゆる投資に通じます。自分が最初に決めたルールに従ってベットを繰り返し進める事が必要です。


2. 1社のブックメーカーにしか登録していない
ブックメーカーで投資を行う上で複数のブックメーカーへの登録は必須条件です。

それにもかかわらず1社しか登録していない人が多くいます。これでは自分で自分の首を絞め、ブックメーカーで勝てない条件を増やしている事になります。

複数のブックメーカーへ登録する理由は、少しでも有利なオッズを拾うためです。1社の時と比較して3社の場合は、ベストオッズが入手できる確率が20%増えるという統計もあります。これだけでも最終的に利益が出せる確率が2%増えます。

もしも特定の手法を用いておらず、1試合1試合の分析のみでベットを繰り返しているスタイルなのであれば、是非とも3社のブックメーカーへ登録して下さい。


3.有料ベット配信サービスを買ってしまう

どちらのチームが勝つのかを情報提供してくれるサービスがあります。大体、有料である事が多いです。

ブックメーカーを行う人の中には、このようなベット配信を購入している人もいますが、買ってはいけません。中には優れたものもあるでしょうが大体、海外の配信業者です。

私でも特定のスポーツに限定すれば80%以上的中率を出せる配信は可能です。ただ、これには裏があります。

このカラクリを理解するにはプラス期待値やブレークイーブン勝率という考え方が分かると理解しやすいのですが簡単に言えばオッズが低ければそれだけ勝つ確率が高いと思われている、という事です。全てのスポーツや試合に当てはまるわけではありませんが、一般的にという意味です。

例えば1.1や1.2のオッズがあるとします。ブックメーカー側は、そのチームが勝つ見込みがかなり高いと判断している訳です。事実、NBAでは1.2などの低オッズをつけるチームは勝率が高いです。恐らく7割、8割は勝つでしょう。

テニスでは、より顕著です。

オッズ1.2のブレークイーブン勝率は、83.3%です。つまり6試合中5試合を勝たなくてはいけません。これで初めてブレークイーブン、利益ゼロです。利益を出すには7試合中6試合で勝つ必要があります。

配信されるサービスがこのような試合ばかりだったらどうなるでしょうか。
的中率は7割以上を保証しますと言っても7割でも足らないのです。

ブックメーカーの配信サービスは、特に日本では詐欺的なサービスも多いですので要注意です。

もしもオッズが2を超えるようなチームばかりを選び的中率6割を超えるような配信を行っている業者がいたら是非教えてください。私も加入します。


4.直近傾向への過剰反応する
これも頻繁に見受けられるブックメーカーで勝てないパターンなのですが、たまたま直近で連勝しているチームや調子の良いチームがいると、どうしてもそのチームが勝ち続けると考えベットしてしまいがちです。

またはその年に対戦成績が良い好相性なチームがあったりする場合です。

このようなパターンは確かに参考程度には使えますし、有効な場合もありますが、過剰に反応してはいけません。

ブックメーカーでは過去のデータや統計といった数字が非常に重要です。ただ、それらのデータは過去5年分であったり数百、数千試合分といった膨大な量となります。

通常はそのような膨大なデータからある種の規則性を見つけたり、統計を出すものなので、直近の傾向だけで過剰に反応する事は危険です。


5.根拠の無いベットを繰り返す
ベットするという行為は、そこに何かの根拠や裏付けが必要です。

勘に頼ってベットを繰り返す人はいないでしょう。もしもブックメーカーにおいて単なる勘だけを頼りにベットするようでしたら結果は火を見るより明らかです。

ベットの善し悪しは、プラス期待値のベットか否かで判断できます。オッズにはブックメーカー側の利益が上乗せされています。その利益幅は大小様々でありブックメーカー業者によっても異なります。
プラス期待値のベットとは、その利益幅を取り除き我々にとって有利なオッズになっているベットの事です。



上記に挙げた項目がブックメーカーで勝てない人に共通する項目です。

ブックメーカーの投資は勝つべくして勝つものです。勝てないには何らかの理由が必ず存在します。
今回ご紹介した項目は基本的な事ばかりですが、基本であるが故に決して疎かにしてはいけない内容です。

自分に当てはまる項目が無いか、あれば直ちに見直すことをお薦めします。




==============================================

以下の記事は人気の高い『お勧め記事』です。
是非ご一読ください。


【半永久不労所得】日本語対応の海外仮想通貨取引所

【あり得ない】会員制資産構築クラブの立上げ

USI TECHというビットコイン投資案件の続報。やっぱり胡散臭いです



==============================================


ブログでは書けないお得情報もメルマガで配信します。
メルマガ登録


ビットコインのマイニング投資に興味のある方。私はビットクラブで投資しています。
詳細はこちらから。


==============================================


関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント
非公開コメント

トラックバック

https://kenta9.blog.fc2.com/tb.php/292-50cb1ba7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。