FC2ブログ

騙されてはいけません。ブックメーカーアービトラージに潜む6つの罠 - アーリーリタイア/セミリタイアのための資産構築 投資珍道中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

騙されてはいけません。ブックメーカーアービトラージに潜む6つの罠

アービトラージ(裁定取引)という言葉をご存知でしょうか。

後程、詳述しますがアービトラージとは夢のような取引手法です。ですが、この魅力的な言葉とは裏腹にブックメーカー投資で勝てない人達の多くがこのアービトラージに潜む罠に気がついていません。

特にブックメーカー投資を始めるきっかけがアービトラージの情報だったという人達が大勢います。そして、それら情報のほとんどが詐欺案件であったり、法外な料金を徴収するスクールだったり、またはツールだったりします。

ブックメーカー投資で勝てない理由の1つが知識不足にあります。十分な知識の無いまま夢のような言葉を信じてしまい勝負する以前に負けてしまうのです。


勝てない、稼げないと嘆く前にアービトラージというレアな状況を追い求めるのではなく、データや統計などを駆使した正しい手法をもって臨む事が結果としてブックメーカー投資で勝てない状況を脱するための最短の道であると気づくべきでしょう。

そのための第一歩として、まずは以下の内容でアービトラージを正しく理解して下さい。



<ブックメーカー投資で勝てない人がはまりやすいアービトラージとは一体何か>

アービトラージとは、ある試合においてどちらのチームが勝っても利益が取れる試合を探し出しベットする手法の事です。

簡単に事例を挙げて説明します。

ブックメーカーAとブックメーカーBがあるとします。
それぞれのブックメーカーが出す同じ試合・同じチームのオッズが以下だとします。

<ブックメーカーA>
チーム アメリカ: オッズ2.1
チーム ジャパン: オッズ1.7

<ブックメーカーB>
チーム アメリカ: オッズ1.8
チーム ジャパン: オッズ2.2

普通ならどちらか1つのチームが勝つほうを予想しベットするのですが、このオッズを見てピン!と来ませんか??

これがアービトラージです。

つまり、ブックメーカーAのチーム アメリカに100ドルベットし、ブックメーカーBのチーム ジャパンにも100ドルベットした場合、どちらのチームが勝っても利益が出ます。

もしもアメリカが勝った場合、手元に210ドル入ってきて、掛け金200ドルが差し引かれ、合計10ドルの利益。
もしもジャパンが勝った場合は、利益が20ドルという事ですね。


では、どうしてこのような話が成り立つのか。

もしもブックメーカーが1社である場合、当然このような試合は成り立ちません。どちらが勝っても会社が損をするようなオッズ設定はしません。

ですがブックメーカーには数十社はあります。そしてオッズは各社自由設定になります。

多く集客したい会社は高いオッズを設定する、ほどほどで良いと考える会社は低いオッズを設定する。このブックメーカー間のオッズ差に目をつけて、両張りするのがアービトラージです。

「そんなうまい話。。。」と思われるでしょうが、これは実在します。それは間違いありません。事実そのような試合があればベットする事だってあります。

「じゃー100%勝てるじゃないか!」

はい、ここまでであれば100%勝てます。

ただし問題は、アービトラージのみを中心にブックメーカーで稼ごうと思ってはいけないという事です。アービトラージだけに頼ろうとすると巷で出ている詐欺的なソフトやツールにはまってしまったり、アービトラージのシグナルを配信する業者に毎月お金を支払うのに利益が取れないという現実が待っています。

完璧と言われ巷で宣伝されているアービトラージにも様々なリスクがあります。それらのリスクを知って挑戦するならば良いと思いますが、知らずに甘言に惑わされ大事なお金をドブに捨てたなんて結果にならないよう注意して下さい。



<アービトラージに潜む罠>

完璧とも思えるアービトラージには色々な隠れリスクがあります。私が知る限りでも以下のようなものです。


罠①:Maxベット規制

Maxベット規制とはブックメーカー側から一度にベット可能な金額の上限が数ドルに制限されるというものです。

では、この制限がなぜ問題なのか?

アービトラージは、通常数百ドルから中には1,000ドル以上という単位でベットします。ベット額を大きくしないと儲けが少ないのです。

そこでこのMax ベット規制が入ると、ベット額が一気に低く設定され数ドルという程度しかベットができなくなります。こうなっては、アービトラージは崩壊します。

ブックメーカーとて営利目的ですので、みすみすアービトラージを野放しにしません。ブックメーカー側はアービトラージをやっていそうな怪しい人がいないか常に監視しています。そして怪しい人にはこの制限をかけるのです。

アービトラージは、様々なスポーツで都度発生しますので、アービトラージをやる人のトレードは不規則になります。毎日スポーツがコロコロと変わります。これが怪しまれる要因の1つです。

普通ならば自分のお気に入りのスポーツのみにベットしたり、もしくは好きなチームにベットするといった、ある種の規則性があります。この規則性がアービトラージには欠如してしまうのです。

「では、スポーツを絞ればよいのではないか?」

はい、ある程度は効果的だと思います。

しかしながら、全スポーツを対象にしても日に2つもベットが成功すれば良いというのが実態ですから、スポーツを絞ってなおかつアービトラージの成立する試合をターゲットにする事は相当厳しいです。殆どベットできずに無駄に日数だけが過ぎるという結果になるでしょう。


罠②:出入り禁止

先程、ブックメーカー各社は常日頃アービトラージをやっていそうな怪しい人がいないか監視しているとお話しました。そして、見つけ次第、Max ベット規制をかける。

これがブックメーカーによっては、いきなり出入り禁止にするケースもあります。もっと悪いケースでは、それまでの勝ち分が全て没収されます。



罠③:強制キャンセル

これは一方のベットが強制的にキャンセルされるというケースです。

アービトラージはどちらのチームが勝っても利益が取れる手法である事は先ほど説明しました。

では、一方のチームへのベットが自分の知らない間に強制キャンセルされたらどうなりますか?

運良く残ったチームが勝てば良いですが、負けた場合は当然損失です。アービトラージをする人のベット額は高額ですので損失額も大きなものとなってしまいます。それまで数十回分ベットして出た利益が一撃で吹き飛ぶ可能性があります。

この強制キャンセルは、ブックメーカー側のオッズ設定ミスによって発生します。アービトラージの発生条件は、各社設定オッズの乖離度にありますから一方の会社がオッズ設定をミスした場合、アービトラージの発生確率が上がってしまいます。

そのようなミスに気づく術は、こちらにはありませんから当然ベットしてしまいます。

意地悪な会社だとアービトラージ撲滅のため、故意に設定オッズを高めに設定し、アービトラージをする人達がベット完了する頃にキャンセル。という事があるかどうかは知りませんが、私がブックメーカーの社長ならやるでしょう。



罠④:ブックメーカーの信用リスク

アービトラージをする場合、1つでも多くのアービトラージ成立試合を見つけるため、数多くのブックメーカーへの登録が必要です。

問題はそれら全ての会社が良心的な優良企業ではないという点です。中には怪しいブックメーカーも存在します。利益を引き出そうとすると、出金に応じてくれなかったというケースもあります。

登録する会社の信用度も調べて信頼できる会社に登録しないといけません。本当にそんな会社を何社も調べられるのか。

また、登録会社数が増えるという事は、その分預け入れ金額も多く必要になるという事です。1社につき最低でも1000ドル預けるとして10社ならば1万ドル、20社であれば2万ドル。用意する軍資金だけで大変です。



罠⑤:アービトラージの発生タイミング

アービトラージを行う最も多くの方が悩む点はこれです。

オッズは毎分毎秒、目まぐるしく変化します。アービトラージの成立シグナルを掴んでも両方のチームへベット完了する前にアービトラージが消失する。これが非常に多いです。

毎日、パソコンの前でスタンバイしていても実際にベットが成立する所まで完了するケースは多くありません。その作業量だけで挫折される方もいらっしゃいます。

サラリーマンの方は、想像してみてください。1日の仕事を終え、帰宅後もパソコンとひたすら睨めっこ。トイレに席を立つのもストレスになります。できますか??



罠⑥:ランニングコスト

アービトラージだけに絞りベットする人達は、もちろん自力でそれらの試合を見つけ出すことは困難です。そのため、専用のツールを購入したり、アービトラージのシグナル配信業者と契約してシグナル配信を受けたりします。

もちろん、それらには費用がかかります。業者と契約する場合、毎月サービス料を支払う必要があります。専用ツールの中には全く使い物にならないツールもあります。

仮に良い業者やツールに出会えても前述の通りシグナルが発信されてもそれが拾えるとは限りません。

結局、ベットできない日々を送り無駄な出費がかさむという事になります。


以上がアービトラージに潜む罠です。



<ブックメーカー投資で勝てない人に共通する特徴>

ブックメーカー投資では稼げない、勝てないと言っている人達に共通する要因の多くが勉強不足です。

アービトラージがあたかも完璧な手法であり、やる前から勝ったも同然というような手法に思えるかも知れませんが、そんな完璧な手法は存在しません。

特に100%勝てるみたいな誘い水にはのらないこと。気付いた時には、もう手遅れです。

ただ正しい知識と手法を元に日々のベットを繰り返していると、稀にアービトラージに遭遇することもあるでしょう。
そのような場合は迷わずベットして下さい。

アービトラージのみを追い求めるベットと適切な統計データや手法を用いて繰り返すベットの中で遭遇するアービトラージへのベットは全く意味の異なるものです。


==============================================


ブログでは書けないお得情報もメルマガで配信します。
メルマガ登録


ビットコインのマイニング投資に興味のある方。私はビットクラブで投資しています。
詳細はこちらから。



スカイプ無料コンサル、ご質問も随時受付中。

==============================================



関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント
非公開コメント

トラックバック

https://kenta9.blog.fc2.com/tb.php/257-b9e797f5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。