FC2ブログ

本当に儲かる?ブックメーカーとは - アーリーリタイア/セミリタイアのための資産構築 投資珍道中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

本当に儲かる?ブックメーカーとは

先日、少し告知しましたが今後はブックメーカーの記事についても充実を図ろうと考えています。

ひとまず今回はブックメーカーについて全く知らないという方のための基礎的な内容を書いてみます。


私がブックメーカーという言葉に出会ったのは8年ほど前だったと思います。
知人から始めてこの言葉を聞いた時には「本屋さん?」を連想しました。

ブックメーカーとは一般的にサッカー、野球、テニス、ゴルフ、アメフト、バスケなど様々なスポーツの勝敗に対してベット(賭け)を引き受ける企業の事です。
ブックメーカー企業は世界各国の政府認可を受けて事業をしており、店舗やオンラインの形態があります。

日本ではスポーツブックという言い方をしていたりしますが、厳密にはスポーツを対象としたベット行為をスポーツブック、それらを扱う企業をブックメーカーといいます。日本ではどちらも同義として扱われているようです。

ブックメーカーの起源はイギリスにあり、歴史は非常に長く、中には上場している企業もあり、老舗ブックメーカーにもなるとその社歴は何十年にも及びます。
イギリスなどの町にはショップまであります。宝くじやナンバーズ感覚ですね。

ブックメーカーの定義はこのくらいにしておき恐らく皆さんが知りたいのは、果たしてそれが儲かるのか否か、だと思います。

答えは、儲かります。

正しいアプローチで行えばですが。

そして、普通それは簡単ではありません。闇雲に参入しても勝てませんのでご注意下さい。

考えてみて下さい。世界にはブックメーカーが数百社あるといわれています。数えた事はありませんが。

どうして、そんなに多く存在できるのか?彼らが儲かるからですよね。日本のパチンコ屋さんと同じで。

ただパチンコで生活しているパチプロがいるようにブックメーカーの世界にもプロがいます。

という事は少なくとも儲けている人が存在するという事です。そして、儲けるための何らかのアプローチがあるという事です。

では私はプロか?

違います。

私の場合、ブックメーカーで年間100万円から200万円くらい稼げる収入源程度としか考えていません。

100万が少ないと思われる方は、恐らくこのブログは向いていないでしょう。

他の「もっと稼げます!」って豪語しているサイトは日本に数多くあります。ほとんどが胡散臭いですが。

私が今後書く記事を数個読んで頂き、他のブログやサイトと内容を比較されてみると良いと思います。

テクニカルな内容を書いているサイトがどれ程、日本には少ないか分かるかと思います。

前置きはこれくらいにし、今回の記事では、まずブックメーカーとは儲かるものなの?という基礎から解説を始めます。


1.ブックメーカー基礎

ブックメーカーで稼ぐためには多くの事を学ばないといけません。ブックメーカーとは一朝一夕で稼げるほど単純ではありません。

ただし正しいアプローチで学べば利益が出せるようになります。世の中の大勢の人達がそのアプローチを無視し、もしくは知らないため稼げないだけです。

そこで今回はまず基礎中の基礎から学んでいきます。

ブックメーカーでベットを成立させるには3つの構成要素があります。

「選択」「ベット額」「オッズ」です。


「選択」は単にどのチームや選手を選ぶのかです。勝つと思う方を選択します。
「ベット額」は、いくらの金額を勝つと思う方に賭けるかです。
「オッズ」は、そのチームや選手の勝つ見込みが反映された数字です。

そして、「選択」が的中した際には「オッズ」に「ベット額」を掛け算した金額がブックメーカーから払い戻されます。

オッズには3種類の表記があります。

日本人に一般的な表記はDecimalという小数点(1.9など)で表記するオッズです。他にAmerican、Fractionalというオッズ表記がありますが日本人には馴染みがありませんのでブックメーカーのサイトではDecimalを使って下さい。

そして、ベットにも何種類もあります。

その中でMoneylineというベット形式が最もシンプルなもので初心者にはお薦めです。
Moneylineは単に自分のベットしたチームや選手が勝つか負けるかの二者択一です。

サッカーやボクシングなどではDrawという引き分けというパターンも入ってきます。

以上の知識さえあれば、まずはブックメーカーで実際にベットする事ができるでしょう。


2.ブックメーカーによってオッズは異なる

先程もオッズについて少し触れましたが、もう少し深堀りしてみます。

まずオッズとはチームや選手が勝つ見込みが反映された数字でした。
ですがこの見込みは当然誰かの予想によって作られています。人の見解によって反映された数字だと言えます。

この見込みや見解については各ブックメーカーによって異なります。そのため同じ日の同じ試合であったとしてもブックメーカー間で異なるオッズとなります。

また、オッズは人気によっても変動します。本命チームに皆がベットすれば、オッズは下がりますし、相手チームのオッズは上がります。

ブックメーカー側で故意にオッズを調整もします。オッズには彼らの利益が入っています。その時のベット状況によって彼らに損失が出る可能性が高くなると故意にオッズを変更してきます。そのため必ずしも高いオッズが勝利する見込みが低いのかと言えばそうとは限りません(一般的にはそうですが全てのケースではありません)。

この辺りの説明は現段階では内容が難しくなりますので今後、段階的に説明していきます。

今日の時点で覚えておいて頂きたい事はオッズがブックメーカー間で異なるという事です。

それならば複数のブックメーカーに登録しておいた方が有利です。少しでもオッズの高いブックメーカーでベットした方が有利だからです。

オッズが高い方が勝った時の利益は増え、負けた時の損失は少なくてすみます。


==============================================


ブログでは書けないお得情報もメルマガで配信します。
メルマガ登録


ビットコインのマイニング投資に興味のある方。私はビットクラブで投資しています。
詳細はこちらから。



スカイプ無料コンサル、ご質問も随時受付中。

==============================================

関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント
非公開コメント

トラックバック

https://kenta9.blog.fc2.com/tb.php/240-03ae4a82

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。