FC2ブログ

アーリーリタイア/セミリタイアのための資産構築 投資珍道中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

ブックメーカー5月結果

ブックメーカーですが今年は未経験者と進めているので元本は1000ドル、利益設定は5ドルと低めの設定で行っています。
また、全ての試合にBetはせずにBet数を減らした安全コースでやっています。

が4月はMLBが開幕早々に損切が発生してしまいました。んーおかしいですねー。

今回の記事では、その後の進捗を更新します。


結論として5月は順調でした。前回損切りによる損失も既に取り戻し現時点での5月末時点の残高は1150ドル程。
元本に対しての利回りは2カ月累計15%ほどで月利7.5%ですね。

損切りがあった分、ブックメーカーとしては、かなり悪い数字です。

損切りによる損失額は800ドル程はあったので、回復力は分かって頂けるかと思います。


また、今回の参加者の中にはブックメーカーの開始時期が遅れて4月途中から参加した人もいます。
今回は遅れて始めたほうが結果としてタイミングが良く、先月の損切りを免れました^^

その参加者は、開始後1カ月ほどで約1000ドルの利益です。
初めは利益設定を5ドル、順調だったので途中から利益設定を増やしたという事でしたが、1カ月の利益で1000ドルならば上々ではないでしょうか。
しかも、元本は250ドルという事^^

見かけ上の月利ならば4倍ですね。。。


その参加者は元本も増やし、利益設定も上げて続けるようです。


なかなかの破壊力ですよね?

このブックメーカーの手法は、1シーズン半年で4回損切をしても利益が出ます。
そして、2010年からの実績では無敗です。


去年も、このような説明記事をもしかすると書いていたかも知れませんが、
この手法をシミュレーションツールにてフォワードテストした事があります。

100年分のテストの結果、損失が出た年は2回だけ。勝率98%ですね。

そして、更に次の100年分もテストしましたが、負けた年は3回。

つまり200年間で負けは5年です。97.5%の勝率ですね。

信じられないでしょ。でも、これ本当なのですよね。。



まーそれでもシミュレーションは所詮シミュレーション。
実戦ではありませんので実際にはそんなに上手く行かないでしょう。

事実、この手法を同じように使っても損失が出た人が昨シーズンにいました。

シミュレーションでは反映しきれない変数が実戦にはあるという事です。

そこを補てんするためには経験や勘所と言ったものが必要なのでしょう。

そのため、この手法の販売を中止した次第です。

今期参加者には手法を習得してもらうのではなく、
初戦から私と全く同じBetをコピーしてもらっているので経験や勘所が分からなくても問題ありません。

私の真似をするだけです。つまり、私と全く同じ結果がでるのです。理屈では。。。

中には、なぜかこの理屈が通用しない人が1名程いらっしゃいますが^^
はい。あなたのことですよ、Aさん!


利益進捗については定期的に更新していきますので次回更新もお楽しみに!



==============================================

実績500%越えの仮想通貨シグナル配信を始めました。お試しください!
仮想通貨シグナル:ORCA Signal


以下の記事は人気の高い『お勧め記事』です。
是非ご一読ください。

【あり得ない】会員制資産構築クラブの立上げ

USI TECHというビットコイン投資案件の続報。やっぱり胡散臭いです



==============================================


ブログでは書けないお得情報もメルマガで配信します。
メルマガ登録


ビットコインのマイニング投資に興味のある方。私はビットクラブで投資しています。
詳細はこちらから。


==============================================

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト

今年もメジャーリーグでブックメーカー開始

今年もメジャーリーグが開幕し、ひと月が経ちました。

このブログでメジャーリーグと言えばブックメーカー。当然、今シーズンも実践中です。

今回はちょっとした縁故関係者とのみ自分のスキームで行っているので事前の一般公開は控えました。

そして、初月の結果ですが。

なんと。



先日損切が1回発生。。。。


んーーーこれは私も過去数年間MLBでブックメーカーを行っていますが初ですね。

私の手法ではシーズンに損切りが4回あっても利益が出るのですが初月で凹むと気も滅入ってしまいますね。


通常、初月と言うのは概ね調子が良いのですが今年に限って勝率が低い。。

また、MLBではオッズが3を超える事は稀ですし、4を超えるオッズなんて見たことありません。

が、4月はオッズ3超えはおろか、オッズ4を超える試合までも登場。

何か例年とは様子が違うようですねー。

まだ開始したばかりなので暫く慎重に進めて今年のデータを集めて行きますが、多くの人達も関係しているので利益を追うよりも勝率を上げ負けない事を優先して進める事にします。

昨年後半に初挑戦したアイスホッケーが惨敗でしたので古巣?であるMLBでは利益を出しておきたいですね。

MLBではシーズントータルでは2010年から無敗なので今年も無敗記録を伸ばさないと。

それにしても最近寝不足が続いています。この寝不足も良くありませんね。分析力や判断力に影響してきます。

こちらの記事を書いている現在も少々思考が停止気味です。


というわけで今月の目標。

早寝する!







==============================================

実績500%越えの仮想通貨シグナル配信を始めました。お試しください!
仮想通貨シグナル:ORCA Signal


以下の記事は人気の高い『お勧め記事』です。
是非ご一読ください。

【あり得ない】会員制資産構築クラブの立上げ

USI TECHというビットコイン投資案件の続報。やっぱり胡散臭いです



==============================================


ブログでは書けないお得情報もメルマガで配信します。
メルマガ登録


ビットコインのマイニング投資に興味のある方。私はビットクラブで投資しています。
詳細はこちらから。


==============================================
このエントリーをはてなブックマークに追加

仮想通貨とDYOR (Do your own research)

今年に入り仮想通貨界隈でDYORという言葉をよく耳にします。

これは自分自身で調べましょうという意味の英語表現の頭文字を並べたものです。

仮想通貨の昨年流行語は「ガチホ」、今年が「DYOR」ではないの?って思ってます^^

特に今年は年明けの大暴落相場が起こってから、このDYORを頻繁に目にするようになりましたよね。

ここ最近、DYORという言葉を目にすると
「俺は価格が下がっても責任取らないから、お前が自分で調べろやっ」て読み取れるのは、私がへそ曲がりだからでしょうか。。。



もちろんDYORは基本といえば基本。至極当然。何を今更って気がしないでもないですよね。

ただし、何でも調べれば良いというものでもないです。


DYORという言葉の受け止め方は人それぞれですが、
今回は仮想通貨(暗号通貨)において私が行っているDYORの観点について書いてみます。



結局のところ皆が関心がある事は「どのコイン銘柄が将来有望なのか、値上がりしそうなのか」、「どのICOが良いのか」
と言ったところではないでしょうか。


仮に目的が「値上がり益を享受する」ならば何を調査しますか。

もしも、あなたが仮想通貨を買って保有しているならば、どのような観点でそのコインを買っているのですか。

例えばLSKという有名なコインがあります。

持っている人も多いでしょう。

どうして、あなたはLSKが値上がりすると思ったのですか?

友人に勧められたから?

有名人が買っていたから?

Twitterで見たから?

DYORしましたか?


では、私が行ったLSKに対するDYORを書いてみます。

「LISK (LSK)はスマートコントラクトを実装しているプラットフォームとして有望視されており、プロジェクト開発陣も優秀。また、スケーラビリティへの耐性も高く、マーケット力もあり、今後も様々なイベントがあるので値上がりが期待できる!」


どうですか?LSKについてご存知でしたか?


こんな事を書いてはいますが実は私はLSKの特徴なんて今日まで全く知りませんでした。

上記の回答を作るのにネットで調べました^^

LSKに対してDYORなんてした事ありません。正確には仮想通貨の個別銘柄についてDYORなんてほぼしません。



私は仮想通貨のシグナル配信を行っています。

そしてメンバーさんからたまに言われる事があります。

「けんたさんは、アルトコインの内容については詳しくないですよねー」


これ正解です^^
間違いなく個々のアルトコインについては会員さん達の方が詳しいですよ!

よく勉強されている方が多いです。

ライトニングネットワーク?TMネットワークなら知ってるよ!(古)



こんな事を書くと私が出すシグナルって大丈夫なの?って誤解されると困るので書いておきますが、
大丈夫なんですよ。私の出すシグナルは上がります。

仮に地合いが悪く、一時下がってもホールドしていれば最後には上がります。
もちろん100%ではありませんが。。。


では、どうしてLSKの特徴も知らない、LSKのDYORをした事も無い人間のシグナルで利益が出るのか分かりますか?


そのコインが上がるか下がるかのDYORをしているからです。

はっきり言ってLSK自体がどんなコインなのかは私にとってはどうでもよいです。値上がりするか否かが重要。

そして、その価格が上昇する理由は、

「LISK (LSK)はスマートコントラクトを実装しているプラットフォームとして有望視されており、プロジェクト開発陣も優秀。また、スケーラビリティへの耐性も高く、マーケット力もあり、今後も様々なイベントがあるので値上がりが期待できる!」

では無いのです。

一部は関係していますけどね。



そのコイン価格が上昇するには、上昇すべき状況があり、タイミングがあり、条件があり、材料があり、根拠があります。

短期利確が良いのか、長期利確が良いのか。

どうして上がるのか。どうして下がるのか。

そこに対してのみDYORを行うのです。

だからコインは何でも構いません。価格が上がる条件があるならば買えばよく、適度に上がったら売れば良いのです。


私はブロックチェーンのエンジニアでは無いので仮想通貨自体に彼らほどの強い想いはありません。

利益が出るのか出ないのかの観点でしか見ませんし、調べません。

稼ぎやすいうちに稼いでおく。

どんなに機能が優れた仮想通貨であれ、中身が何もない詐欺コインであれ、価格が上がり利益が取れるならそれで良いです。



それでは、実際に私が行っているDYORの一例をご紹介します。


仮想通貨トレードにおいて良質な情報は必要不可欠です。

良い情報源を沢山手元に揃えておいて損はありません。

私の場合、その情報源に対してDYORを行い、自分なりに調べ上げます。

数字の裏を取り、過去の実績を検証し、レポートがあるならば読み込みコンセプトに辻褄が合うのか考えます。


前回のブログ記事【仮想通貨市場は今後10倍になる】の中で少しだけ触れたレポートもその1つです。

このレポートは、購入すると50万円程かかります。決して安くはないですよね。


でも、このレポートを発行している企業は、仮想通貨トレードで非常に高い実績を出している企業です。

先程のLSKですが今年1月に手持ちの半分を利確するという内容のレポートでした。

そして利益率が1600%を超えています。

16倍ですよ。1つのコインのトレードで。。。

50万円のレポート代金。

実は安い買い物です。

これも実際にこの企業や企業の代表、そのバックグランドなどを調べ、信頼できるという判断があっての事です。

このような情報源を1つ見つけてしまうと、次からその企業から出てくるコイン情報を元にトレードするだけです。

1つ1つのコインについては、既に彼らプロ集団が自分で調べるよりも遥かに深く調べ、分析して結論を出しているのです。

効率的ですよね。

こちらの企業はあくまでも中長期向け視点での銘柄がメインですが、自分でシグナルを配信する上でも非常に参考になります。



あまり長くなっても記事の内容が散らかってしまいますので話を戻しましょう。


DYORをするのは基本です。本当に今更という話です。


でも、DYORするにも何をもって調べるのか。何が目的で調べるのか。
闇雲にリサーチして、本来の目的を見失っていないか、遠回りになっていないか。自己満足で終わっていないか。


DYORという言葉に振り回されずに本質を考えて行動すると良いですね^^


仮想通貨のテクニカルな内容やブロックチェーン技術の内容は、私にとってさほど重要な知識ではありません。
リップル(XRP)が目指す将来なんて知りたくありません。
QTUMのコンセプトがなんちゃらなんて聞いても理解できません。
ADA?ABBAの親戚ですか?
TRUSTとTRST?間違いやすいんですが。
STARTとSTRAT、これも間違いやすいんですが。
VIAとVIB、一文字違いか!でも、よく上がるから好きです。
WABI?SABIってのもあるの?
TRF?ボーイミーツガールですか?



まー近い将来までにはライトニングネットワークとTMネットワークの区別くらいはつくようにしておきます。。。




==============================================

実績500%越えの仮想通貨シグナル配信を始めました。お試しください!
仮想通貨シグナル:ORCA Signal


以下の記事は人気の高い『お勧め記事』です。
是非ご一読ください。

【あり得ない】会員制資産構築クラブの立上げ

USI TECHというビットコイン投資案件の続報。やっぱり胡散臭いです



==============================================


ブログでは書けないお得情報もメルマガで配信します。
メルマガ登録


ビットコインのマイニング投資に興味のある方。私はビットクラブで投資しています。
詳細はこちらから。


==============================================
このエントリーをはてなブックマークに追加

仮想通貨市場は今後10倍になる

年明けからビットコインを含めた仮想通貨(暗号通貨)の価格に暴落が起きましたが、仮想通貨トレードをされている方はいかがお過ごしでしょうか。

年明け暴落があってから仮想通貨は終わった、ビットコインは回復しない。バブル崩壊等々。。

まー色々な意見が散見されましたね。

昨年末に仮想通貨に参入した人達は、今回の暴落相場で血の気が引く思いをした事でしょう。

仮想通貨トレードのシグナルサービスを開始し、色々な方々が会員として入会されていますが、
仮想通貨を始めたばかりという方も非常に多くいらっしゃいます。

そして、中には昨年末の相場を目の当たりにして年明けから始めて出鼻をくじかれた人達もいらっしゃいます。

そのような状況になるとどうしても悲観的になりますし、そこへ来て巷で出る仮想通貨にまつわる何の根拠も示さない仮想通貨悲観論や壊滅論。。。
これでは新規参入者もたまりませんね。


3月4月からは底打ち感も出てきており、相場ムードも明るくなってきています。

すると不思議な事に巷に出ていた仮想通貨悲観論も見なくなりました。単純な人達ですね。。

次にビットコインが暴落する時には、また出てくると思いますけどね^^


実は私も2月の段階ではビットコインの価格は最悪3000ドルまでは落ちる可能性を考えていました。
(今日時点でも、この先6000ドル代への一旦の下げがあっても自然と考えています)

でも焦りは、ありませんでした。

3000ドルまで下げると回復までの期間は長期化する事は覚悟していましたが、どうして3000ドルで焦る必要があるのでしょうか?

普通に考えてみて下さい。

2017年2月のBTC価格は確か2000ドルにのせたあたりでした。
それが1年後に3000ドルまで下げたとしても1年で1.5倍ですよ。

これでバブルが崩壊したと言えますか?

確かに15000ドルでビットコインを買った人にとっては価格が3000ドルまで落ちれば資産が5分の1に減ってしまいます。
狼狽するのも無理はないですが、売らない限りは損失は確定しません。

何故か多くの人達が含み損に耐えられなくなり損切りしてしまう。。

これでは安く買いたたきたい人達の思う壺なのに。


株式やFXでは損切りが重要だと言う人も多いでしょう。それは正しいと思います。

でも、これは仮想通貨。株や為替とは全く別の世界。

私は仮想通貨相場においては、まだまだホールド(ガチホ)は正義だと考えています。

その理由は、仮想通貨市場はまだまだ今後も大きく成長すると考えているからです。

市場規模が大きくなれば価格が上がるのは必然。仮に市場規模が2倍になれば価格も単純に2倍です。

待ってさえいれば損失が出ないタイミングだと思っています。それどころかまだまだ大きく稼げるタイミングです。

この好機を手にする事ができるのは「辛抱」できる人です。


今回のタイトルに今後10倍になると書きました。

この数字には根拠があり、煽りで書いているのではありません。

詳細はメルマガ読者にのみ配信致します。

ごめんなさい!

と言うのもこの数字の根拠は某業界では有名な結構お高めのレポートから取っています。

なので、ここで詳しく書くとよろしくないんですよね。。

メルマガ読者の方はお楽しみに^^



あ、1つだけ書いておきます。

仮想通貨バブルは、まだ始まったばかりですよ。
いや、まだ本当は始まってもいないのかも^^


では、本日はこの辺で。


==============================================

実績500%越えの仮想通貨シグナル配信を始めました。お試しください!
仮想通貨シグナル:ORCA Signal


以下の記事は人気の高い『お勧め記事』です。
是非ご一読ください。

【あり得ない】会員制資産構築クラブの立上げ

USI TECHというビットコイン投資案件の続報。やっぱり胡散臭いです



==============================================


ブログでは書けないお得情報もメルマガで配信します。
メルマガ登録


ビットコインのマイニング投資に興味のある方。私はビットクラブで投資しています。
詳細はこちらから。


==============================================
このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたの資産が狙われるかも。資産分散で考えるべき3つの項目

皆さん、ご無沙汰しておりました。

昨年末より色々と多忙でブログの更新が滞っておりました。

2018年1月も既に下旬となりましたが今年一発目の記事を書こうと思います。

えーまずはシグナル配信やらブックメーカーの進捗を簡単に書いてから本日の本題へと入ります。


12月の仮想通貨(暗号通貨)のシグナル配信の結果ですが、
簡単に書くと合計利益率は900%を超えました。

現時点での最新状況をまとめた利益進捗がありますので興味のある方は見て下さい。
以下のリンクから閲覧可能です。
月別利益


次にブックメーカーですが、残念ながら12月に損切りが発生しました。
アイスホッケーで自分のスキームを試すのは初めてだったのですが、どうも12月に入り機能しにくい状況となりました。

そのため、いったんアイスホッケーで続けるのは断念しました。

MLBとアイスホッケーの両方でスキームが使えれば1年を通して稼げると思ったのですが、残念!




では、本題に入ります。

今回の主題は「資産分散」についてです。


「卵を1つのカゴに入れておくな」という表現は資産を1つに集中させずに分散させておきなさい、という教えなのですが、その具体的な方法までは教えてくれません。

そこで今回は資産分散を考える上で重要となる3つの項目をご紹介します。

あなたの知らない間に資産が今も目減りしていますよ。

まずは3つの項目をお話する前にそもそも何故、資産分散が必要なのかを理解しましょう。


<何のために資産を分散させるのか?>
この目的が重要です。

資産分散の目的はリスクへの備えです。

では何のリスクでしょうか?

経済リスクですよね。特に世界経済が大きく揺らぐようなグローバル不況やグローバルショック、ハイパーインフレなどからあなたを守る事、あなたの資産を守る事です。

2013年3月にはキプロスで預金封鎖が行われました。実は日本でも1946年に預金封鎖が行われていたのです。

明日から銀行に預けてある預金が凍結され引き出せないと言われたらどうしますか?

政府が「国民一人につき預金額の〇%を徴収させてもらいます」と言ったらどうしますか?
そこまで直接的にはやらないでしょうが新規課税制度や増税という形で忍び寄ってくれば全く同じ事です。


もし、あなたがそんな事は決して起きないと考えているようであれば平和ボケしています。

今後必ず来ると言われている経済混乱期を生き抜くためのサバイバル力が欠如しています。


以前、こんな記事を読みました。

その記事は現在の世界債務が経済危機を引き起こすレベルに来ている事を歴史が証明している、という内容でした。

これはドイツ銀行のアナリストが公表した調査結果で日米を含む主要先進7か国、いわゆるG7の政府債務レベルと経済危機との間には相関関係があることを示したデータでした。

経済危機の定義は主に15%以上の株価暴落、10%以上の債権暴落、10%以上のインフレ、国家破綻等です。


経済危機は決して免れる事が出来ないイベントです。

特に主要国の中央銀行は無尽蔵に紙幣を擦りまくり、ジャブジャブになっている状況が長く続いています。

今の世界経済は例えるならばパンパンに膨れ上がった風船です。それが破裂する時がいつなのか、と言うだけの事です。

破裂を回避する術は既にありません。



<経済リスクに備える資産分散のあり方>
極論を言ってしまえば、どこまでいっても我々は来るべく経済混乱期を逃れる事はできないのでしょう。

我々が出来る事は今から少しでもその備えをしておくこと。

どこまで備えれば十分なのか不十分なのかは誰にも分かりません。

それでも備える事です。その備えの1つが資産分散です。

では、いよいよ資産分散を行う上で事前に考えるべき項目をご紹介しましょう。


1.資産のカタチを決める

資産と言っても様々なカタチがあります。
現金、投資信託、不動産、株式、債券、貴金属、宝石、絵画、高級時計などなど。

これら資産をいくつかに分散させて資産形成を行っていくのですが、どの資産形態が適しているのかは本人次第です。

ですが今回は経済混乱期に備えるという前提で話を進めるならば現物資産の保有は必須です。

現物資産とは一般的に不動産や貴金属、宝石などの類です。

それに対して株式や債券、投資信託などはペーパー資産で有事の際には助けになりません。


2.ポートフォリオを決める
ポートフォリオとは、どの資産をどのくらいの割合で管理・保有するかを示したものです。
例えば現金は総資産の内、何%くらい保有し、株式は何%にするか、といった具合です。

一般的には様々なシナリオや状況に応じてポートフォリオを作成すべきと言われています。
以下の記事では様々なケースで目安となるポートフォリオの例が掲載されており、参考になります。
http://gentosha-go.com/articles/-/2509

こちらの記事の著者曰く
「最強のポートフォリオは「一進一退シナリオ」でのポートフォリオです。このポートフォリオの資産構成にしておけば、それ以外のシナリオになったとしてもある程度のリスクヘッジが効くはずだと考えています。」

一進一退シナリオのポートフォリオは以下の図です。

graph1.png


ちなみに世界大恐慌がシナリオのポートフォリオは以下です。

graph2.png


やはり現物資産の代表格が目立ちますね。

そして現金資産の少なさ。。これは大恐慌が来た時には現金の価値が暴落するためです。
今も日に日に現金が持つ資産価値は低下し続けています。

いつまでも「お金(現金)があれば何とかなるさ」と能天気な事を言ってられませんよ。
現金が持つ幻想、カラクリ、リスク。

これらをしっかりと考える必要があります。



個人的には上記2つのシナリオの間くらいをイメージしてポートフォリオを作れば良いと考えています。

不動産を購入できる方は、できれば日本国内ではなく海外不動産で外貨でインカムゲインを得られる物件を購入しておくと良いです。

また、金(ゴールド)や銀も外せません。割合では10%から20%を目安に現物の金及び銀を買い進めておけば良いです。
決して金鉱株やETFといったペーパーゴールドを買わないようにして下さい。
それでは有事に備える事はできません。





3.国内資産vs海外資産
資産と言っても国内なのか海外なのかを考える事も重要です。

現金にしても日本円、米ドル、ユーロと様々です。

ポートフォリオの基本形は海外資産を30%とされていますが、私は国内50%、海外50%でも良いと考えています。
もしくは国内40%、海外60%でも良いでしょう。

現金預金もできれば日本円、資源国通貨、その他主要国通貨と3種類に分けて保有しておきたいところです。

ただし、米ドルに関しては世界の基軸通貨から落とされ崩壊するという通貨戦争の流れもあるので最小限にしておく方が無難かも知れません。




<資産分散では現金比率を下げる事も重要なポイント>

現金比率を下げる事を不安に感じる方も多いでしょう。

それは当然の事。現金は何と言っても最も流動性の高い資産です。そして現金があればどの資産へもすぐさま転換する事ができる便利なものです。

ですが現金を寝かしておくだけでは良い事はありません。むしろ悪い事の方が多くなってくるでしょう。

それは現金の裏に隠されたリスクに起因します。

現金の価値を裏付けしているものは各国の信用です。日本円ならば日本国もしくは日銀に対する信用です。何とも不確かなものが価値の裏付けなのです。

好きな時に好きなだけ輪転機を回して作り出せる現金にどれだけの真の価値があるのでしょうか。最悪、国家破綻してしまったら貨幣価値は無に等しくなります。

ヘリコプターマネーという禁じ手が飛び出せば日本という国の世界的信用は文字通り一夜にして消し飛ぶでしょう。

円の大暴落。輸出産業は大打撃です。

トヨタをはじめとした海外売上が多くを占めるような大企業にとっては死活問題となるでしょう。日本経済をけん引する大企業の業績不振は日本国内経済へも直結します。


我々は現金もしくは貨幣通貨がとても脆く危うい幻想の価値で成り立っているのだと知っておくべきです。

何も全ての現金を別資産に転換するという話ではありません。必要十分な量で良いという話です。

どうせ銀行に預けておいても利益を生まない現金なのであれば他の資産へと変えて利益を生み出す事を考えたり、安全資産へ変えて有事の際の保険にするという事を考えても良いのではないでしょうか。



==============================================

実績500%越えの仮想通貨シグナル配信を始めました。お試しください!
仮想通貨シグナル:ORCA Signal


以下の記事は人気の高い『お勧め記事』です。
是非ご一読ください。

【あり得ない】会員制資産構築クラブの立上げ

USI TECHというビットコイン投資案件の続報。やっぱり胡散臭いです



==============================================


ブログでは書けないお得情報もメルマガで配信します。
メルマガ登録


ビットコインのマイニング投資に興味のある方。私はビットクラブで投資しています。
詳細はこちらから。


==============================================

このエントリーをはてなブックマークに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。