FC2ブログ

アーリーリタイア/セミリタイアのための資産構築 投資珍道中

世界恐慌を視野に入れた今後の投資スタイル

「2020年前後にグローバル経済のクラッシュが来る」


著名投資家や金融業界の重鎮達が過去数年間に渡って世界中へ向け警鐘を鳴らし続けてきました。
数年単位でのズレはあるにせよ、語られる未来は、皆、似たり寄ったりの内容です。
ただ、誰しもが予期していなかったのは、その世界恐慌がコロナウィルスが引き金となるシナリオが濃厚になってきた点です。


まさかの展開。

最近ではポストコロナでも稼げる方法だの、在宅収入の増やし方だのの情報商材が目立ってきています。
騙されないで下さいね。あなたに商材を売りつけたいだけですから。
不景気になると詐欺が増えると言います。

先行きの見えない不安につけ込んで人のお金をかっさらっていきます。不安定な時だからこそ地に足付けて状況を整理し、過去から学び、将来に備えたいものです。


さて、今回のコロナ騒動、そしてこの先に待ち受けるであろう人類史上最悪との呼び声高いグローバル恐慌。

運が良いのか悪いのか我々は非常に大きな節目の時期に生きています。そして、この先の未来も生き続けなくてはなりません。それは何も自分自身だけの人生だけに限らず、子供達、孫達、そして曾孫達と子々孫々まで生き抜いていかなくてはなりません。

どうしても我々は資産形成を考える際には自分一人の事だけを考えがちですが、資産は自分の代だけではなく次の代へも継承できますし、また、そうするべきだと考えています。

あくまでも個人の考えにすぎませんけどね。

私は少なくともその観点で資産形成を行ってきました。また、ここで言う資産とは概ね現物資産です。

中でも大きな割合で資金を投じてきたポートフォリオは以下の3つです。



不動産、ゴールド等貴金属、仮想通貨・暗号資産(BTCのみ)



BTCについては資産と位置付けるには賛否あるでしょうが、私なりの考えがあり、ここに加えましたので後述します。

1つ1つを振り返りながら現況、将来像を整理してみます。



【不動産】

資産形成の中で欠かせないのが不動産と位置付けています。

株や債券は紙切れになる恐れもありますし、頻繁に暴落があるので長期に渡り資産形成するという目的では私の中ではNGです。

不動産価格も今後は暴落する局面があるでしょうが、現物が無くなる事はありませんし、仮に火事で焼けても保険がおります。また、インカムゲインが狙いなため物件価格の暴落は気になりません。逆に固定資産税が安くなります。

そして、不動産投資の優れたもう一つの点は子供への継承のしやすさです。

特にアメリカでは法人スキームの活用で日本で言う生前贈与が非常に簡単にできます。
私の所有する不動産は全て法人名義で行っており、毎年数%という贈与税が発生しない範囲で法人の所有権を子供たちに分け与えていく事ができるのです。しかも、紙1枚で。


では、今後のシナリオについて考えてみます。
最悪のシナリオではコロナにより経済クラッシュが引き起こされ、万が一、大恐慌となればローン返済が滞って多くの物件が差し押さえ物件になるでしょう。

リーマンショック後の不動産市場のパニックも記憶に新しいところです。

ただ、今後のクラッシュはそのような規模では済まされないと多くの識者は言います。となれば前回の不動産暴落の比にならないレベルで価格は暴落し、差し押さえ物件が山積みになってくるはずです。
それでも人には住居が必要。物件所有から物件賃貸へと大きく動くと想定しています。

1920年代に襲った大恐慌時にも物件価格は暴落したが賃貸市場は、そこまで大きく崩れなかったとされています。もちろん、賃貸が支払えない人達も急増するでしょうから、滞納リスクや賃貸料の値下げはありますが、それでも先に述べた通り、人には住居が必要です。

今まで自己所有していた人がローンを返済できず賃貸へと乗り換える。
高額賃貸に入居していた人が割安賃貸へ乗り換える。

このように層が一段階下がりはするもののニーズは無くなりません。

狙うべき物件は全てミドルクラス。私の場合、インカムゲイン狙いなのでハイエンド物件を狙うのは理にかなっていません。
フリップ狙いの投資家や今までキャピタル狙いで買い進めていた投資家は、今後きつい流れになると思いますが、この先は長期保有スタンスでキャピタル、インカム両方が狙える仕込み時期が来ます。そして仕込んだ物件を長期で賃貸しつつ5年であれ、10年であれ経済が復調する際には物件価格も戻ってきます。

そこまで耐えたら大きく資産を伸ばすことができるでしょう。




【ゴールド等貴金属】

金の価格が一時急落しました。ロシアが金の購入をストップするという報道が引き起こした急落です。

ただ、価格はすぐさま反転し最高値更新へと進みました。結局、有事の際の金は強かった。

予てより金現物の買い増しを数年に渡り計画的に進めてきましたが、まだまだ買い進めます。その理由はまだまだこの先も価格が伸びていくと考えているだけではなく、資産価値の保全という点が大きいです。
私は金を投資という観点ではあまり見ていません。そのため価格が上がっても売るつもりは必要に迫られない限りありません。できれば私の代では売却したくないものです。はい、この金についても不動産同様に子供の代へと受け継いでもらうつもりでいます。

金を買う多くの人達は値上がり期待で買うのでしょうが、金が最も優れている特性は価値の保存、保全です。欠点としては保管しなくてはならない点でしょう。重たいですしね。

「金だって値下がりするではないか」という意見もあるでしょうが、値下がりしても価値がゼロになる事は考え難いですよね。人類過去数千年の歴史で金が無価値になった時代は存在しません。


株式はゼロ価値になり得ます。貨幣であってもハイパーインフレがあれば無価値も同然です。事実、金の価格は長い歴史上、上昇の一途です。数年単位での上げ下げはあるにせよ、超長期なタイムスパンで見てみて下さい。

一人勝ちです。要するに金の価値が貨幣の価値よりもいつの世も高いから値上がりが続けているのです。そのようにして考えてみると貨幣価値が如何に脆弱なものか金のチャートから見受けられます。

今の1万円札の価値を5000円にならないうちに金というカタチに変えておく、そして価値を保存する。これが金に対する正しい考え方ですよね。
極端に言えば金が値上がりしようが値下がりしようが関係ありません。それは貨幣価値が勝手に上がったり、下がったりしているだけです。そして歴史的に見ても貨幣価値は下降トレンドです。



【仮想通貨(BTC)】

さてBTCですがトレードという目線ではなく、あくまでも資産という目線で書きます。

BTCを資産と呼ぶには乱暴なのかも知れませんが、それは世の中のBTCに対する考え方が単なるトレードのいち対象物という見方が圧倒的に多いからでしょう。この先起こりうる最悪シナリオに備えるならばBTCは大量ではなくても一部保有しておくべきだと考えています。

この数年BTCに対する考えは一貫して変わっていません。BTCも資産価値の保全になり得るという点です。

世界中で経済崩壊し、貨幣神話が崩れ、株式が暴落するというシナリオが取りだたされている中で何を使って自分の資産価値を守るのか。

先に取り上げた不動産やゴールドもその1つでしょうけど、それらはどちらかと言うと私を含めた一般ピーポー向けです。

ビリオネアと呼ばれる富裕層は不動産やゴールドの所有だけでは追いつきません。不動産はメンテナンス含め多少なりとも手間が掛かりますし、ゴールドで彼らの資産を全て保全するにはあまりにも場所を取りすぎますし重すぎます。

今までは株式で保有していれば場所も取りませんし、すぐに現金化もできるので良かったのでしょうが今後はリスクが高すぎます。



そこで登場するのがBTCです。



BTCならば保有は簡単、現金化も余程の金額でなければATMでも換金できます。懸念材料はボラティリティが高すぎる点です。そのため富裕層に初めのうちは好まれない逃避先でしょう。ただ、いよいよもってヤバいと感じられる局面になれば背に腹は代えられぬと、資産の一部だけでもBTCへ移す人達が出てくると予想しています。

彼らの一部といっても我々にとっては見当もつかない額です。そして、一人の富裕層がBTCを保有したというニュースは彼らのサークル内で広まり、お隣さんが変えるならば自分も変えておくかという心理が働きます。

実際に数年前からそのような富裕層の一部はBTCのOTCを通じてBTCを購入してきました。OTCなので市場価格には影響しませんが、彼らが購入している事は事実です。

そして、時が流れ大恐慌からの回復期に入る際に保有しているBTCを売却し別の資産へ移し替える。こんな事を考えている?かも知れません。

ただ、資産価値の保全を目的にBTCを購入するので現金化する際に値崩れしていて大損する事は許されません。そこで仕掛けてくるのがプロパガンダです。メディアや著名人を使っての宣伝活動ですね。ちょうど先日、BloombergでファンドマネージャーのPaulTudor JonesがヘッジとしてBTCを購入という記事が掲載されました。
https://www.bloomberg.com/news/articles/2020-05-07/paul-tudor-jones-buys-bitcoin-says-he-s-reminded-of-gold-in-70s

こんな感じの記事が公の場に今後も色々な局面で頻出してくることになると思われます。

その度に我々の意識にBTC購入が再度刷り込まれる事になり市場心理となります。

ただ、上記は私個人の予想に過ぎません。正直、その時が来てみない事にはどの資産セクターに資金が流れるのか分かりません。

だからこその分散です。不動産だけではなく、金だけではなく、BTCだけではなく、分散させる。


これらの考え方やスタイルは、これまで同様に変わらずに行っていきます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト



プレゼント企画開始。月利100%ブックメーカー手法

ブックメーカー手法のマニュアルが完成しました。

対象はメジャーリーグとなりますが月利換算で100%を超えました。

セールスページも完成し、実績画像付き。

【ブックメーカー常勝の法則】

購入プランを2つ用意し、手法だけマニュアルから学びご自身でベットを行うという一般的な手法売り切りプランと手法を学びつつも1年目は私が行うベットをそのまま真似てもらい私と同じ実績を享受してもらうというプランです。

後者の方が初心者や未経験者には安心ですが、その分、価格は高め設定。ただし、その分こちらのプランには特典を付けました。

特典内容は万が一、トータルで損失が出たら購入額の80%返金です。


それにしても月利100%なんて、かなり言い過ぎ感があり私自身も控えめに利回りを書こうかと悩んだのですが証拠として直近の成績画像を貼りたかったのでありのままの数字を書くことにしました。

まー出来過ぎという事もあるかも知れませんので月利は控えめに半分だと思って頂いてもOKです。それでも50%なので。

月利50%でも十分凄い数字ですが、これが最初に月利100%と思っておいて実際には80%で終わるのと月利50%と思っておいて80%で終わるのとでは利用者の気持ちが大きく異なりますからね。

なので月利50%と思っておいて下さい!


さて、では何故にブックメーカーではこんなに高い利回りが出せるのでしょうか。
一般的にブックメーカーはギャンブルだと認識されがちです。確かに何の根拠もなくベットを繰り返している人達にとっては単なるギャンブルで終わってしまいますが、ブックメーカーは数学の世界であり、推測統計学や確率論の世界。

そして、様々な数的根拠や統計データを元に勝利の方程式を導き出した人にとってはブックメーカーは単なる丁半博打ではなく、毎月収入をもたらし続けてくれる『収益エンジン』となります。

ある意味、丁半博打に近い特性を持つブックメーカーに理論や数学を当てはめて戦うと非常に高い確率で勝てるパターンを確立する事ができるのです。

少しクイズです。


例えば54試合中26試合勝っているチームAと65試合中52試合勝っているチームBの試合があり、
チームAのオッズは2、チームBのオッズが1.2だった場合、どちらのチームにベットしますか?


これは単に運の要素とか、単に山勘とかという話ではありません。全て数学的にも裏付けられた根拠があります。数学と言うとアレルギー反応を示す人がいそうですが、今更数学を学んでもらうつもりはありませんのでご安心を。

クイズの続きはセールスページを参考にして頂くとして、今回ご紹介する手法は巷で頻繁に耳にするアービトラージや低オッズばかりにベットするといった内容ではありません。

アービトラージは10年以上前に陳腐化しており詐欺も横行していました。
低オッズベットはリスクが高すぎます。勝率70%であっても損失になるでしょうね。

この手の手法には騙されないで下さいね。自分で言うのもなんですが高い勝率や高い利回りにも騙されないで下さい。

ブックメーカーは予算が10万円など比較的低予算から始められ、高い利回りが狙える分野であることは確かなのですが、それを利用した商材が蔓延しています。以下ページにそれらを見抜くポイントも書いてあります。


【ブックメーカー常勝の法則】

最後に以前に告知した通り本手法マニュアルのプレゼント企画をTwitterで行います。
無料でGetできるチャンスですので運試しのつもりでご参加下さい。
応募方法等詳細はTwitter(@ORCA_Signal)にて。


このエントリーをはてなブックマークに追加

ブックメーカー 今期実績(9/15)と稼ぎすぎない事の大切さ

ブックメーカーの改良型手法による実績が確定しました。

本当はメジャーリーグのレギュラーシーズンは9月末まであるのですが、
今期は9/15で終了。

7/12から実際にBetを開始し、約二カ月ですね。

本当はちょうど2か月で集計したほうが良かったのですが
ベットをお休みした日もあるので数日間だけ予定より終了が伸びました。


7月に元本1000ドルから開始し、2か月後の残高は画像の通り3150ドル。

2か月の利回りとしては215%となり平均月利は2倍以上の107.5%です。

7月開始時点の記事もブログに掲載してありますので
読まれていない方は、併せて読まれると話が繋がるはずです。


mlb 2019 sep




右肩上がりで伸びましたね。


私のブックメーカー歴は約10年です。

そのせいもあって過去に手法を使うものの若干の裁量がどうしても入ってしまうタイミングもあり
同じ手法を使った人でも再現性に欠けるという欠点がありました。


少し話が変わりますが、
仮想通貨のシグナル配信においても全く同じタイミングで同じシグナルを配信しているにもかかわらず
結果が人によって大きく変わります。

シグナルですら結果が変わるので仮想通貨やFXのトレード手法なんてものは
そもそも再現性を期待する方が間違いですね。

FXのEAであっても同じEAを使っているのに利用者間で結果が変わるのに。


世の中には色々な「稼ぐ系案件」がありますがスキーム化する上で最も苦労するのが
再現性の確保だと思います。

案件自体で利益が出るという事よりも
「誰でも利益を出せる」という点が最も困難であり、
世の中にそこまでの案件がなかなかありません。

そのため今回のブックメーカーの改良型手法は、この再現性に最も注力しました。

「同じことをやって誰でも同じように稼げるようにする。」


今期は全く裁量を入れずに決められた通りのルールで決められた通りのベットを繰り返しました。

その結果が月利100%超えです。

これは行けます。


ひとまずメジャーリーグでは完全に有効なので手法のマニュアル作成に取り掛かります。

完成後は有料販売します。

が、以前の告知通り一部無料で配布しますね。

まーある程度、興味を示してくれる人がいればですけどね。応募詳細は後日Twitterで行います。


またアルトレ(アルトコインのトレーダーズクラブです)のメンバーさんには無料提供します!


アルトレの第二期応募があるか無いかは、まだ未定ですが来シーズンには一人でも多くの人達と一緒にやれたら良いですね。



今期メジャーリーグはこれで終了ですがアイスホッケーのレギュラーシーズンが10月初旬から開始されます。

最初のひと月ほどはデータ取りを行いますが、結果が良さそうならば実弾でその後にBet開始です。

アイスホッケーも半年間シーズンがありますので有効性が確認できれば
メジャーリーグとホッケーで1年間を通じてこの手法を利用できますね。



また、ブックメーカーを行う上で1つ注意点は、稼ぎすぎない事です。

実はここが最も恐れることなのですが、あまりに短期間で稼ぎすぎるとブックメーカー側から口座凍結されます。。。


そのため利益設定には注意が必要です。


では、もっと大きく稼ぎたいと考える人はどうすれば良いのか??

簡単です。

別のブックメーカー企業で口座を作り、全く同じベット内容を複数の口座で行えば利益は2倍です。

もちろん、私も複数口座保有しています。

いくらの利益で口座凍結されるかの線引きは不明ですが、年間で最大でも1万ドル程度までに利益は抑えた方が良いでしょう。

事実、私はとあるブックメーカーで半年6000ドル程度の利益を超えた際には意味深な連絡がきたことがあります。。

私の利益額も当然把握していたため向こうも単一顧客の管理をしている証拠です。

あまり目立たず、そこそこの利益を抜きつつ、長期的に稼がせてもらう。

これがブックメーカーで稼ぐ秘訣でもあります。





++++++++++++++++++++++++++++++++++++

ゴゴジャンから仮想通貨のトレードメルマガを配信しています。
毎月3~4つのアルトコイン銘柄を配信し、1つ1つのトレードの流れをトレードプランを含め解説します。
・エントリーポイントの決め方
・利確ポイントの決め方
・損切りポイントの決め方
・エントリーを見送るべきタイミング
・必須チャートパターンの解説など

詳細はこちら

====================================
メルマガご登録者への注意。
当メルマガではi.cloudやezweb等の携帯アドレスではメールが未達となります。
お手数ですがGmailやYahoo等のウェブメールにてご登録下さい。



ブログでは書けないお得情報もメルマガで配信します。
メルマガ登録


=======================================

<利益が出るまで会費無料>仮想通貨シグナル配信

仮想通貨シグナル:ORCASignal

このエントリーをはてなブックマークに追加

手法プレゼント企画及びブックメーカー8月実績

前回8/10時点での利益実績を書いてから8月末までの進捗を書きます。

結論としては好調。

20日間で利益は約900ドル増え現在の利回りでは2か月弱で2.5倍の150%です。

月利換算では75%。



bet 08312019


今月になり急に伸びてきました。これは新ロジックが功を奏したと言えます。

実際に勝率を再計算しましたが、前回ブログ更新時よりも10%以上も勝率が伸びました。

良い感じです。

メジャーリーグは、9月末で終了となります。

何度も言いますが前回までの基本となる手法はメジャーリーグでしか利用できないのが欠点であり、昨年はホッケーで試したら惨敗でした。

ホッケーはMLBが終了する時期から開始となり、チーム数の構成や試合数などMLBと似ているためホッケーでも稼げれば年中稼げる事になります。


そこで、今年も新ロジックの手法をもって冬季はホッケーにリベンジしてみます。
実弾は使わずあくまでも検証のためエアーベットですが。
昨年のように開始一か月で退場となりたくないので。



ところで今回のブックメーカー新手法。

MLBが無事に終わり有効性が確認されたら手法のマニュアルを作成し、無料プレゼントするつもりです。

あまり期待されないようならやりませんが、Twitterでプレゼント企画を打ち出してみて反響があるようならばプレゼントします。

抽選はブログやメルマガでは行いませんのでブックメーカーに挑戦してみたい、という方は是非Twitterをフォロー下さい。

Twitter: @ORCA_Signal



++++++++++++++++++++++++++++++++++++

ゴゴジャンから仮想通貨のトレードメルマガを配信しています。
毎月3~4つのアルトコイン銘柄を配信し、1つ1つのトレードの流れをトレードプランを含め解説します。
・エントリーポイントの決め方
・利確ポイントの決め方
・損切りポイントの決め方
・エントリーを見送るべきタイミング
・必須チャートパターンの解説など

詳細はこちら

====================================
メルマガご登録者への注意。
当メルマガではi.cloudやezweb等の携帯アドレスではメールが未達となります。
お手数ですがGmailやYahoo等のウェブメールにてご登録下さい。



ブログでは書けないお得情報もメルマガで配信します。
メルマガ登録


=======================================

<利益が出るまで会費無料>仮想通貨シグナル配信

仮想通貨シグナル:ORCASignal



このエントリーをはてなブックマークに追加

投資プランと資産の棚卸し

投資プランや資産の棚卸しは必要ですが、私も定期的に行っています。


以下の記事で今年の投資指針を書いていますが、今回改めて微調整する事にしました。

2019年投資指針の記事はこちら。
https://kenta9.blog.fc2.com/blog-entry-335.html



以前から予測していた通り最近は株式相場や為替の慌ただしい局面が増えてきました。

あまり良い予兆ではありません。崩壊は時間の問題でしょう。


そして、ここへ来て金(ゴールド)と銀の価格上昇が顕著です。

これも当然の流れです。株や債券市場から資金が逃避している事は明らかです。
今年は金、銀の買い増しを特に進めていましたが、先日更に大きく買い増しておきました。

今後も金と銀は上昇の一途でしょう。

そのため手持ちの不動産を一戸売却し、その利益全額をゴールドに入れる予定で進めています。


これはゴールドの値上げ益を見越した打ち手ではなく、どちらかと言えば資産保全のためです。


アメリカの不動産は近年小さなバブルで価格は、うなぎのぼり。

私の場合、不動産は決して売らずに毎月のインカムゲインだけ何十年も享受するというスタイルだったのですが若干変更です。

過去5年で既に30%ほど物件価格が上がっています。

このまま暴落を待つのも勿体ないので一部売却して別の資産へと移し替える事にしたのです。


その対象がゴールドです。現在の価値がパンパンまで上がった不動産からゴールドへ変換し、価値の保全を試みます。


勿論、ゴールドは更に上昇するので保全どころか資産価値増にもなるでしょうが、そこが狙いではありません。


あくまでも資産価値の保全。


ならばどうしてキャッシュとして保有しておかないのか?



簡単です。キャッシュの価値は更に下がると考えているからです。

このご時世で各国のおかしな動きが増えている中、現金の過剰保有はリスクとしか考えられません。

必要な分は当然、現金として保有しますが必要以上の分は常に別の資産へと変えておく。




国税庁が出している国民平均給与のデータを見たことはありますか?


私は毎年見ます。


チェックしてみて下さい。


国は物価上昇の施策を打っているのに?


へ?って寒気が走るでしょう。


そこでピンと来なかったらご自身の感覚を疑って下さい。



==============================================

メルマガご登録者への注意。

当メルマガではi.cloudやezweb等の携帯アドレスではメールが未達となります。

お手数ですがGmailやYahoo等のウェブメールにてご登録下さい。


ブログでは書けないお得情報もメルマガで配信します。

メルマガ登録


==============================================

<利益が出るまで会費無料>仮想通貨シグナル配信

仮想通貨シグナル:ORCASignal


このエントリーをはてなブックマークに追加